ブログ


6月20日は
父の日記念礼拝がありました。

メッセージは金淑京先生で、
「 父の喜び 子の喜びとなり 」と題し

聖書のたとえ話に登場する、

放蕩息子の父の姿から

神様の愛について学びました。


メッセージのあとは
岩渕まことさん作詞・作曲
『 父の涙 』のフルート演奏がありました。


会衆一同、優しいフルートの音に
静かに聴き入り、
神様の愛に感謝しました。


青年たちが中心となって企画した、

父の日スペシャルタイムでは



クリスチャンのバンド、

ナイトdeライトさんの

『 不器用親父 』という曲を

沖縄 ver. にアレンジして歌いました。


当日はコロナ禍の影響で
礼拝のオンライン配信を始めていたため
直接お会いすることができなかった
お父さんたちもいましたが


画面越しに
教会のお父さんたちとの思い出写真を
歌詞にのせて
ありがとうの気持ちを届けました。


記念品は
A姉妹の手づくりアレンジで
可愛いフォトフレームでした。


さいごに、A兄弟による
祝福と感謝のお祈りがありました。


最近は、オンラインで礼拝に
参加している方々にも聞こえるように
お祈りの時もマイクを使っています。

💐

そしてなんと、Y兄弟とC姉妹が
父の日記念礼拝のために

おいしい韓国料理を
届けてくださいました!

感染対策のため、
食事会はできませんでしたが
皆感謝して持ち帰らせていただきました。


聖書のみことば

むすこは父に言った、

「 父よ、わたしは天に対しても、あなたにむかっても、罪を犯しました。もうあなたのむすこと呼ばれる資格はありません 」。

しかし父は僕たちに言いつけた、

「 さあ、早く、最上の着物を出してきてこの子に着せ、指輪を手にはめ、はきものを足にはかせなさい。 また、肥えた子牛を引いてきてほふりなさい。食べて楽しもうではないか。 

このむすこが死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから 」。

‭口語訳聖書
ルカによる福音書‬ ‭15:21-24‬

5月9日は母の日記念礼拝でした💐

メッセージは佐久眞先生で、
「ヨケベデの信仰」と題し
母ヨケベデが、息子モーセの将来を
神さまの御手にゆだねる信仰について
聖書のみ言葉から学びました。


そして毎年恒例の
母の日スペシャルタイムでは…

青年たちとお父さんメンバーで
ヨケベデの物語を劇にしました!

小道具はY兄弟の手づくりです。


さいごは皆で、
Pyungahn Yumさん作詞作曲の
「ヨケベデの歌」を賛美しました。


今年のお花と記念品です!


プレゼントタイムの後は、
M兄弟からお母さんたちへ
励ましのメッセージ(お手紙)と
お祈りの時がありました💌


コロナ禍で色々な制約がある中ですが
心温まるひと時となりました。

聖書のみことば
わたしは、あなたの涙をおぼえており、
あなたに会って
喜びで満たされたいと、切に願っている。 
また、あなたがいだいている偽りのない
信仰を思い起している。
この信仰は、まずあなたの
祖母ロイスとあなたの母ユニケとに
宿ったものであったが、
今あなたにも宿っていると、
わたしは確信している。
口語訳聖書‭‭ テモテへの第二の手紙‬ ‭1:4-5‬ 


今年のイースター記念品は
 A姉妹がアレンジしてくださいました!

 *教会では神の家族として
親しみを込め、名前のあとに
兄弟・姉妹と敬称をつけて呼び合います。


そして、C姉妹がイースターエッグを
準備してくださいました。

また、韓国 Somang Churchから
(プロテスタント長老派の教会です)
マスクの献品がありましたので
皆感謝して持ち帰りました。


教会からは
ひよこ饅頭のプレゼント
🐥


イースターで受けた恵み、み言葉を
どなたかに分かち合う者とさせて
いただきましょう。

わたしはあなたの
信仰がなくならないように、
あなたのために祈った。
それで、あなたが立ち直ったときには、
兄弟たちを力づけてやりなさい。
‭‭
口語訳聖書
ルカによる福音書‬ ‭22:32‬ ‭

教会のちいさなエデンの園にも
春がやってきました!


サボテンのお花も咲いています。
なんと、このサボテンには名前があります。


教会へお越しの際は
ぜひ桃太郎をさがしてみてくださいね。


野の花も愛らしいですね、


こちらは善悪を知る木の実…
ではなく、佐久眞先生が
大切に育てたビワです!今年は
鳥たちにほぼ食べられてしまいました。


青空に映えますね、
椿も美しく咲いてくれました。


こちらの椿はY姉妹が
教会に持ってきてくださいました。
幸せのおすそわけ感謝です。


ポインセチアも
春に満開となりました。


淑京先生が大事にお世話している
バラも恵みの雨をうけて、
きらきらと輝いています。


わたしたちも春の喜びを歌おう
春を造られた神さまを歌おう

新聖歌477番
「 原に若草が 」より


ウェスレアン・ホーリネス教団
Wesleyan Worship Project という
取り組みの賛美祈祷会( ズーム配信 )で
奉仕をさせていただきました。

事前に録画したものを配信するため
無観客レコーディングとなりましたが

沖縄同盟中央教会、松尾キリスト教会の
先生、青年も協力してくださり感謝でした。

曲の途中にある、
ユースカンファレンス( これまたズーム配信 )
の応援ラップにもご注目ください!

換気対策のため、窓を全開にしておりますのでどうぞ暖かい服装でお越しください。
また、マスクのご着用と体温チェック、
アルコール消毒へのご理解と
ご協力をよろしくお願いいたします。

除夜祈祷会

2020年12月31日(木)夜11時〜
温かいお茶を飲みながら
一年のことを振りかえり、
感想やみ言葉を分かちあいましょう。

新年礼拝

2021年1月3日(日)朝10:30〜
新しい年を迎えて最初の礼拝です。
主の宮で祝福の一年をスタートしましょう。


 2020年12月23日現在、沖縄第一聖潔教会の関係者でコロナウイルスに感染したという報告はありませんが、引きつづき感染拡大防止に努めるため、当教会で取り組んでいる対策についてホームページで公開することにいたしました。


 まず、沖縄県の緊急事態宣言期間中においては、日曜日の礼拝等の集会をオンラインで行いました。尚、現在も健康上の理由で希望される方にはオンラインでの配信を続けています。また、緊急事態宣言が解除されてからは下記の5点に気をつけて感染対策に努めています。


① 窓を全開にして換気を行う

教会員のみなさまには、会堂が冷えるため暖かい服装でお越しいただくようにお伝えしています。


② 玄関で体温チェックとアルコール消毒を行う

厚生労働省のポスターを活用し、咳エチケットや手洗いについても呼びかけています。


③ 教会に来る地域の子どもたちにも体温チェックを行い、記録する

地域の子どもたちが教会で卓球や宿題をする際にも①、②の対策とあわせて毎回、体温を記録しています。


④ マスクご着用のお願い

教会員のみなさまにマスク着用のご協力をいただいています。また、教会でも予備のマスクを用意しています。


⑤ 賛美を歌うときには飛沫に気をつける

歌うときに十分な距離を取れない場合は、向かい合わせにならないように対面を避け同じ方向を向く形をとっています。会衆のみなさまはマスクを着用した状態です。


 以上のことについて主な対策としておりますが、今後も油断せずに情報を集め、一日も早くコロナウイルスが収束 (終息) するように祈りつづけていく所存です。

 しばらくの間ご不便をおかけしますが、今後ともご協力の程よろしくお願い申し上げます。


聖書のみことば

「あなたがたは立ち返って、

落ち着いているならば救われ、

穏やかにして信頼しているならば力を得る」

イザヤ書30章15節


沖縄第一聖潔教会


換気対策のため、窓を全開にしておりますので

どうぞ暖かい服装でお越しください。


また、マスクのご着用と体温チェック、

アルコール消毒へのご協力と

ご理解をよろしくお願いいたします。



クリスマス賛美礼拝
12月20日(日)午前10:30~

琴・ハンドベルの演奏、フルート演奏、

バンド演奏、クリスマススキット(劇)、ショートメッセージ、琉球賛美、他


子どもクリスマス会
12月26日(土)午後2:00~

ゴスペル、ゲームタイム、クリスマスのお話、卓球大会、レク、韓国のおやつ、他