卓球教室・地域活動について


1.1979年4月、沖縄第一聖潔教会創立。

2.1991年4月、佐久眞武三・金淑京牧師が沖縄第一聖潔教会に牧師として就任。

◎土曜学校を開始(対象:教会内外の子ども)

◎内容:聖書の紙芝居、ゲーム、西原運動公園を利用しミニスポーツなど。


3.少年草野球チームの結成

 1993年頃、教会建物の裏で小学校高学年の喫煙、また、中学生の男女10名ほどが教会駐車場で夜中に飲酒騒動がありショックを受ける。青少年を健全に育てるにはどうしたらいいのか、祈り模索する中で「少年草野球チーム」を作り、他の少年野球チームと対抗試合をして交流を深めながら育成に努めた。(約5年間)


4.毎週土曜日の活動

◎2000年、教会の青年たち(大学生や社会人)と一緒に、毎週土曜日に子ども英語教室、韓国語教室、クッキング教室、工作教室、介護老人保健施設でのボランティア等を始める。(約15年間)

◎最初は教会の子どもたちが中心だったが、地域に輪が広がっていく。(PTA活動の関係者等)

◎西原町内の認可外保育園からも子どもたちを迎えるようになった。


5.卓球教室のはじまり ~ ニワトリのチーコ ~

 2008年、教会裏庭で飼っていたペット(ニワトリのチーコ)に、小学生が石を投げる行為があったため、牧師が注意した。

 その時、教会で卓球をしてみるか子どもたちに案内したところ、とても喜んでくれた。この出来事から「卓球教室」が始まった。


6.現在の卓球教室について

◎中学生以上

火・木・土曜日(平日:午後3時~5時)

※土曜日は午後2時~5時

◎小学生

水・木・日曜日(平日:午後3時~5時)

※日曜日は午後2時~5時

・今日まで約400名以上の子どもたちが卓球教室を利用している。

・教会で卓球を始めて、卓球部や卓球クラブに入る子どもたちも多い。


7.子どもの居場所として

◎放課後に子どもたちが、卓球をしたり、宿題をしたり、安全に過ごせる居場所として教会を開放している。

◎毎回市販のおやつを用意しており、時々教会や保護者の方々から差し入れがある。

◎教会関係者の中には、温かい居場所となり子どもたちが変わっていく姿を見て感動し、新品の卓球台や卓球ラケット、おやつ代等の寄付をしてくださる方がいる。


8.教会のプログラムについて

 年に1~2回、日帰りキャンプ(お楽しみ会)で聖書の絵本や紙芝居を読んだり、ゴスペルソングを一緒に歌ったりしている。

 キャンプの他、教会でクリスマス会や結婚式、スポーツ大会等がある時にもお知らせし、保護者の許可を得て参加するように案内している。


9.子どもたちの感染対策について

◎アルコール消毒、体温チェック、換気対策の他、手洗い、うがいを推奨している。

◎体温チェックについては、毎回ノートに記録し保護者にも提示できるようにしている。


10.新会堂建設とこれからについて

 2018年5月27日、教会の新会堂献堂式に西原町長がご出席くださり「教会が子どもたちの放課後児童支援に力を入れ、地域に貢献していただき西原町としても有り難い」とお話いただき大きな励ましとなった。近い将来「子ども三線教室」を開くことも検討している。